大田麻美のBlog

今は自分の選択結果

2022年07月27日

 

 

今日もいろんなことがあった。

バリエーションに富んでるというか

騒がしくて、お祭りのような一日

 

ただこの状況つくってるのは

私好みの結果なのだと知ってます。

 

 

穏やかな毎日が欲しい

それを手にしたことがあります。

 

欲しかった毎日が続くと辟易

自分の欲しいものと違ってることに気付く

 

それはステーキが食べたいと思って

毎食ステーキ食べるのと似てるかも(笑

 

 

 

 

今の自分の環境は

自分が好んでつくってるもの

 

それが嫌だとか違ってると思うなら

違う環境をつくってみればいい

 

 

自分が求めてるものの正否は

間違いなく確認できます♡

 

違うと思えば元に戻ればいいし

その方がいいと思えば変えればいいだけ。

 

 

 

私はなんでも確かめてしまうから

なんだかんだ言っても自分の好みなんだと

受け入れることができてるんだと思ってます。

 

 

もしこのBlog読んでる方で

今の自分の状況は自分の求めるものと

違和感感じてるなら違う状況にしてみて。

 

「そんなことできない!」

…って声が聞こえてきそう(笑

 

 

それは言い訳なのよ♡

 

 

 

生まれた時から

人は自分の人生を歩いていて

全て自分の決断だけで今があるわけで

 

誰かに強制されたと言いたくても

強制を受け入れる決断したのも自分。

 

決断の繰り返しで生まれたのが

今の自分にある環境や事情

 

それ全部リセットすることもできる。

誰かに後ろ指刺されたり恨まれるかもだけど

リセットするか否か...それも自分の決断。

 

 

 

 

長く生きてるといろんな条件が増えるもの

その条件つくったのは自分だと考えれば

冷静な判断ができるんじゃないかな。

 

少なからず...

今の自分の不満を自分以外の責任にしなければ

ストレスを抱えることはなくなる。

 

 

 

自分の人生は、

全て自分の決断の結果と受け入れるのも

ストレスフリーになる要因でもあり

何かにチャレンジする勇気にもなるよ♡

 

 

 

 

 

 

~Today’s「親子 STORY」~

 

朝ごはん食べてる時に

TVで沖縄のNEWS

 

私 「久しぶりに沖縄行きた~い」

「そーきそば食べたぁ~い!」

「コーレグースたっぷりかけて食べたい!」

 

父 「そんなに行きたいなら行って来たら?」

 

私 「妹にお願いして行ってこようかな?」

 

父 「行って来てください!」

 

私 「なら一週間くらい」

 

父 「え...一週間って長いですね」不安

 

私 「妹に頼むから大丈夫よ」

 

父 「あの子も仕事があるでしょうから」

「さすがに一週間は...」

 

私 「ここから通勤してもらえばいいやん」

 

父 「・・・」

 

 

 

父の中で、私が一週間いないのは

想定外だったようです(笑

海外、行かれへんやんッ!

 

 

 

 

父が夕方、お風呂に入る時

 

父 「〇〇ちゃん(妹)と喋ると疲れます」

「あんたと喋ってると大丈夫なんですけど」

 

私 「なんでやと思う?」

 

父 「なんででしょうか?」

「わかりません...教えてください」

 

 

ここは、ちゃんと話したくなった私。

 

 

 

妹と話する時、100%気を遣ってるか、逆に感情のまま会話してるように思う。気を遣って嘘を言ったり、逆に思ったことをそのまま話してる。だから感情がぶつかると言い合いになってストレスから気分が滅入る。私との会話は楽し会話にせなあかんと思ってるから、感情のまま言葉にしたらあかんと思って、言いたいことを冗談みたいな言葉にして会話が成りたつからメンタルが疲れへんってことじゃないん?

 

 

父 「あなたの言うとおりですわ。」

 

私 「私と喋る時の方が頭フル回転やな!」

 

父 「そうですわ!」自慢

 

私 「頭使ってたらボケへんわ!」

 

 

 

 

 

 

90歳にして父が学んだことです。

本音を笑って伝える思考の存在と

ストレスフリーの秘訣

 

 

人間、死ぬまで学び。

どこかの偉い人が言ってたはず (^_-)-☆

 

 

 

 

先週末、Helpに来てくれた妹が

置いてった、ネギとバジルの水耕栽培?

 

 

 

 

 

どちらも根が生えて成長中。

私なら捨ててしまう

 

 

姉妹だけど性格も価値観も違う

教えられること山ほど

 

違いって、それだけで学び♡

 

 

 

メンバーシップLABO参加はコチラから

 

Instagram