今日のご相談Blog

あなたは何歳まで働く?

2019年05月29日

 

 

65歳以上の方から

「国民年金(老齢基礎年金)だけだから生活が厳しい」

 

そういうご相談も多く

基礎年金だと月5万円強の受給額

 

私が何も聞かなくても

仕事をしたくても体調がよくなくてと説明がある

 

 

 

 

100年時代とも言われる今。

日本は長寿命国であり年々その寿命は延びて

超少子超高齢化時代もすぐそこにある未来の現実

 

 

 

 

先日、会員が集まる研修で

「未来の話」をしました。

 

 

 

更に高齢化率は増える。

社会保障費は圧縮される。

すると医療費負担額は上がる。

年金受給年齢も受給額も減る。

 

そして、

定年が70歳へと方向付けされ、

終身雇用は無理だと断念する企業が増える。

副業を容認する企業は増えつつある。

 

 

 

 

さぁ~未来はどうなる?

 

 

そもそも定年なんてものが無くなる。

健康な間は働くことが当り前になる。

健康維持は家計にとっての死活問題。

 

 

高齢になっても収入を得れるスキルを

現役時代に身に付けておく必要があって

なんなら、本業とは別に副業で将来準備?

 

 

健康寿命を延ばすためのビジネスが流行り

現役副業や高齢者の個人事業者が大量に増える。

 

 

 

 

 

筋力や体力をパワーアップさせるジムではなく、

健康寿命を延ばすための健康キープジムが主流になって

永久歯28本を死ぬまで残す歯のお手入れサロンが出来たりするかも。

 

 

 

 

 

 

それでも、そんなに的外れではない予測。

 

 

無茶や偏った努力はお勧めしないけれど

健康を維持するための意識と取り組みは大切。

 

間違いなく健康が

人生を左右する時代はやってくる。

 

 

 

規則正しい生活をし、

最低限の体調管理能力を身に付け

健康維持ができるほどよい運動を生活の中に入れる。

 

それだけでも未来は間違いなく変わる。

 

 

 

体調を壊してから病院へ行くのではなく

未病対策に心がけた方が自分のため。

 

 

 

 

100年先を考えるより

10年、20年、30年...先を

真剣に考えてみるとおもしろい。

 

 

そう...おもしろいと言える間にね。

 

Instagram