今日のご相談Blog

風水を信じるべきか信じないべきかで悩む

2019年03月08日

 

 

スタッフの手が塞がっていたから

私が取った電話

 

「〇〇と申します」

「以前、大田さんのセミナーに行かせて頂いてね~ッ♬」

 

 

というから「大田です」と言ったらお母さん

「エエエエエエエ~~~~ッ!!!!!!!!」

「電話に出られるの~~~ッ!!!!!!!!」

 

 

 

私の方がビックリした。

電話くらい出れますし出ますよ。

 

 

 

 

 

 

こんなつまんないこと、忙しい大田さんに相談することじゃないんだけど~※×Δ÷§‰+ω・・・

 

 

「じゃぁ相談しない」

そう言って笑わせようかとも思ったけど

本気でお母さん驚いてる様子だったから落ち着くのを待った。

 

 

 

 

 

 

相談することでもない相談内容は

風水について

 

 

 

 

 

リフォームするのに風水は必要か不要かというもの。

 

風水の講座に申し込んだ後、

私のセミナーがあるのに気付いたらしく

どっちも行きたいけど、同じ日時だしというのが悩み。

 

 

 

 

お母さん私に相談しといて私が答える前に

「大田さんは現実派だから風水はいらないって言うわよね~」

 

 

 

そう言われると、逆を言いたくなるのは

私がへそ曲がりだから?

 

 

でもって、

私は現実派って、何を紐解いて出した答えなの?

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとチグハグなお母さんとの会話は

関西系のおばちゃん同士の会話。

 

スタッフからも笑いが漏れてた...

 

 

 

 

 

風水や鬼門や占いも

信じるなら信じればいいし

どうでもいいやと思えば気にしないのがいい。

 

 

 

とは言っても難しいと思うので

具体的な考え方をお教えします。

 

 

 

 

人間、生きてれば死ぬまでずっと

良いこと悪いことは繰り返し起こり続けます。

どちらかというと悪いことの方が多いのがこの世の中です。

 

 

それは、風水や占いがどうであっても

いいことも悪いことも起るのです。

 

 

将来に悪いことが起った時、

 

一、占いの通りにしなかったからだと悪いことが起った原因を、占いの責任にしてしまう自分がいるなら占いを信じてください。

 

一、占いに関係なく起こるべくして悪いことが起ったのだと受け止められるのなら占いは気にしないでください。

 

 

 

 

 

 

占いを信じるか信じないかはあなた次第!

(どっかで聞いたことあるフレーズ)

 

 

 

 

 

お母さんもこれには納得してくれたよう。

 

 

 

それでもまだ、心の中に風水が残ってるお母さん

 

 

「玄関はの向きは東と南がいいって言うけどねぇ~」

「北枕は亡くなった方の枕の方向だからどうかと思うけど、風水では北枕の方がいいって言うしねぇ~」

 

 

 

 

気にしてるやんッ! (可愛いッ♡)

 

 

 

 

私は、そんなお母さんに完璧な回答をしました。

 

玄関は出入りしやすく、防犯の問題を考えた位置がいいし、

枕の方向よりぐっすり眠ることの方が大切!

 

 

 

お母さんから返ってきたのは

笑いに交じった「そうよねぇ~」

 

 

 

 

 

 

 

そして最後、

お母さんの中の微量に残る風水による質問

 

 

「どうして、みんな風水や占いを気にするのかしらねぇ~」

 

 

 

 

 

最後の微量の風水を消し去るべくご回答は!

 

 

健康で長生きする方法も

お金に余裕を持つ方法も

家族が笑って暮らす方法も

 

 

そんなこと考えれば誰だってわかることで、

み~んな全部わかているんですよね~(お母さんも)

ただ、その努力するのが面倒だから占いに頼るんじゃないかな。

 

 

 

悪いことが起った時でも

自分の責任として受け止めるのがいやだから

占いの責任にして自分を納得させるんじゃないのかな~

 

 

 

 

 

お母さん

「風水の講座をキャンセルして」

「大田さんの現実の話を聴きに行くわ!」

 

 

 

 

お母さんの中に残った微量の風水も消えたようです。

それにしても「大田の話=現実???」

私の中に残ったまんまなんだけど...