今日のご相談Blog

建築会社とのトラブルを抱える人

2019年02月05日

 

 

 

 

住宅のご相談も多いのは

私の職歴のせい

 

 

 

 

 

建築会社とトラブルになる人は意外と多い。

 

 

トラブルの90%以上の原因は同じ

会社の対応の至らなさと相性

 

 

 

 

 

 

「住宅の学び場」でも必ず話す

 

 

一、人として信頼できるかを判断する

 

一、相性を確認する

 

 

 

 

建築会社のほとんどは建築のプロです。

悪徳業者が生きていくのも難しい時代。

 

 

どんな建築会社でも

価格相応の住宅を建築します。

※価格相応の住宅建築は重要なところ

 住宅計画セミナーへの参加やDVD視聴で確認してください

 

 

 

建築知識や技術がどれだけあっても

人として信頼できない、相性が合わなければ最悪。

 

 

 

 

 

トラブルが起るのは、

突然大問題が発生するからではなく

多くは、小さな問題の積み重ね

 

 

 

 

 

日本人のいいところでもある

奥ゆかしさやトラブルの原因とも言えます

 

 

 

小さな問題であれば

「まぁ~いいかこのくらい」

 

そう思いますね。

 

 

それが数十回積み重なると

「まぁ~いいか」 すまなくなります

 

 

 

どこかのタイミングで

怒りのスイッチがONになるのです。

 

 

 

 

そうすると...

何を言われても信じられなくなり

逆に悪意に感じたりもするものです

 

 

怒りのスイッチが入ると

それまで気にならなかった繊細なことも気になり出し

全てが怒りになってしまいます。

 

 

 

 

簡単なリフォームも

一軒丸ごとの新築も

 

二つの確認をしてから契約書にサイン!

 

 

 

 

 

 

 

トラブルは、

建築会社にとっては一年建築する数の一つ

みなさんにとっては一生のうちの一つ

 

 

 

完成した住宅で

毎日、何十年も暮らし続けるのです。

 

ストレスを抱えて暮らすのはあまりに不幸。

 

 

 

 

一、人として信頼できるかを判断する

 

一、相性を確認する

 

 

 

 

契約前に必ず確認してくださいね。