今日のご相談Blog

ママ仕事のスタートアップ

2019年02月05日

 

 

 

先週土曜日の新聞に

女性の就業率が50%になったと書いてあった

 

先進国レベルではまだまだ低い数字。

 

 

 

 

まだまだ多くの女性が仕事に就かない原因は

仕事=お金=労働

 

こんなイメージがあるからだと思う

 

 

 

 

仕事が他では得れない

心の豊かさを得れるものだとすれば

遊ぶのと同じように楽しいものだとすれば...

 

 

きっと、

もっと多くの女性が働きだすだろう。

 

 

 

 

 

 

今日のご相談の中にも

女性の「仕事」キーワードがたくさん

 

 

 

 

 

 

「完璧を求めすぎなの」

 

「真面目すぎなの」

 

 

 

仕事に一歩踏み出せない女性や

仕事にストレスを感じてる女性に

必ず私が伝える言葉。

 

 

 

 

 

なんにでも準備運動ってものが必要よ。

 

 

いきなり本気でスタートダッシュなんて

あまりに無計画で無謀すぎる

上手くなんていかないし

続かない。

 

 

 

 

 

 

新しいCafeを覗いてみるように

着たことがない色の服を買ってみるように

 

そんな気分で仕事に触れてみるの

 

 

 

 

嫌なら二度と行かなければいい。

似合わないと思ったら着なければいい。

 

 

また違うCafeを覗いてみて

違う色の服を買えばいい。

 

 

スタートアップの仕事なんてそんなもの。

 

 

 

 

 

子どもの用事や体調で

早退や休みをもらえるのか?

 

残業はないのか?

 

休日は週休2日なのか?

 

給料は理想通りもらえるのか?

 

 

 

 

最初からそんな条件クリアしても

仕事が楽しくなければ続かない。

 

 

そんな自分都合は

採用されてからの交渉力よ!

 

 

 

 

 

企業側も一旦、採用してしまえば

簡単にクビにはできないものよ

 

人間同士の信頼関係あれば

形式的なルール破りは簡単にクリアよ!

 

 

 

 

 

 

条件より楽しく仕事ができるかが

スタートアップ仕事の最優先にすべきこと。

 

 

 

 

いやなら辞めればいい。

頑張らなくていい。

我慢だってしなくていい。

バリバリ仕事しなくたっていい。

何回転職したっていい。

 

 

 

 

 

家計の大黒柱が旦那さんなら...

ママの優先順位は子どもや家庭で

仕事ではないのだから。

 

 

 

仕事のスタートアップはそれでいいの。

 

 

 

 

 

 

仕事って人を育ててくれるツールだし

心を豊かにしてくれるもの。

 

 

もちろん、大変なことや苦しいこともある。

 

でも、

それらがクリアになった時の達成感

周囲から評価された時の充足感

次のステージへと生まれるパッション

 

 

それは日常生活では感じられないものばかり

 

 

 

何も大きなプロジェクトを任される仕事じゃなくても

荷物を手渡す相手の笑顔が見れただけで

無償に嬉しくなったりするのだから。

 

 

 

 

 

自分の身の丈も考えておくのは大切よ。

最初から毎日何時間も働くんじゃなく

最初は毎日じゃなくていい

 

 

週に1日、2日から

数時間でいい

 

 

慣れたら延ばせばいいだけ。

延ばせないなら違う会社に行けばいい。

 

 

 

 

そうしてるうちに

自分のほどほどが見えてくる。