今日のご相談Blog

会議の時間が長い理由

2019年01月24日

 

仕事をしていて会議時間が長いことを

問題だと感じてる人は多いです。

 

 

会議の頻度も高く

毎回、会議時間が延長になると

仕事する時間短くなって結果、残業と...

 

 

 

 

会議を問題だと感じてる人に話を聞くと

圧倒的に多いのが

 

 

議論が長い・上司の話が長い・脱線が多い

 

 

 

 

みなさんの会社ではどうですか?

同じ様な会議をしていますか?

 

 

 

 

 

原因は会議の定義を分かってないからで

それを理解すると問題は解決しますよ。

 

 

 

 

会議の定義は「決議する場」

議案の種類は[審議][協議][報告]

 

 

[審議]結論を出す

[協議]方向性を出す

[報告]今後協議・審議が必要な報告のみ行い何れかに決める

(それ以外の報告は記述のみしておけばいい)

 

 

 

 

 

 

 

会議でスムーズに決議するには、

一、事前に全ての議案を配布しておく

一、事前に全員の議案回答を回収し配布しておく

(回答には理由も添えて)

 

 

 

 

 

会議の中では、

事前に全員の回答と理由を参加者は把握しているので

総合的に考えて多数決をとればいいだけです。

 

 

 

 

 

上司の話が長いというのは

止めてもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

仕事を円滑にスムーズに進めるために

情報シェアしたり話合うのが「ミーティング」です。

 

 

ミーティングでは結論が出せず

会議に諮らないといけないものは会議で決める。

 

 

 

 

 

 

お分かりのように

会議をするには事前準備が必要ということです。

 

ただ事前に書面で議案や他の回答に目を通すのは

時間を選びませんから仕事を圧迫したりしません。

 

 

 

 

 

会議が長いことを問題視されてる方は

ぜひ社内に提案してみられてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

Instagram