今日のご相談Blog

それぞれの家族の価値観

2019年03月05日

 

 

 

 

はなきりんでは人生の大きな計画をされる方の

サポート対応をを無料でしています。

 

 

サポートしてくれるのは

会員の各専門家さんたち

 

 

 

その会員さん達に全ての対応指示を出すのは私

大切な消費者さんの人生を預かるつもりで

自分に責任を貸してる。

 

 

 

その為、サポート対応を希望される消費者さんには

必ず私が電話でヒアリングをさせていただきます。

 

 

 

 

必ずお伺いするのは、

家族構成から収入や資産、家計の基本的情報。

 

この内容を聞くだけで

必ず見えてくる家族の背景があります。

 

 

 

そこで気になると、

もっ深い質問をさせてもらいながら

家族それぞれの価値観まで推察し把握したりもします。

 

 

 

 

 

そこには私なりの定義があって

千差万別とか十人十色とか簡単な言葉では片づけられない

人とパターンの数だけ家族のカタチが存在します。

 

 

同じものなど一つとして無いと確信していますから

そこには、平均も偏りもあってはいけなくて...

常にニュートラルで中立で柔軟でないといけないと...

 

 

 

 

 

できるだけ電話のヒアリングから

私が感じた家族のカタチや価値観を元に

サポート対応指示を出すようしています。

 

 

 

 

 

 

私たちのサポート対応の目的は、

消費者さん自身(家族)で決断ができるように導くこと。

 

 

決して私たちが答えを出してはいけない。

ここだけは譲れない私たちのポリシー

 

 

 

 

 

 

 

 

私が家族の価値観を把握するのに参考になる判断基準は

お金に対する考えをお話しされる様子と内容

 

 

 

経済的な余裕の金額も人それぞれ

求められる金額もひとそれぞれで

数字には基準もなく判断もできません。

 

 

 

お金に対する考え方そのものや

お金の話をされる様子や雰囲気から

その人の価値観が見えてくることが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

沢山の人を対応してきて思うのは

日本人は、自分自身のお金の価値基準を持っていない人が多い。

 

あればあるほどいいと思っているけど

リアルな数字では考えた事もなくて曖昧なまま

だからそれを具体的に求めることも目標にもしていない

 

 

それでいて、いつも足りてないと感じてる。

 

 

 

 

 

だから生涯のお金の設計図を一歳でも早い段階で

作成してほしいと考えています。

 

 

 

お金の設計図を作成すると...

 

・自分のお金の価値基準がつくれます

・夢が見つかったりもします

・今なにをすべきかがわかります

・自分が何を求めているかがわかります

・将来に無限の選択肢が現れます

・不必要なものが見えてきます

・不安が消えていくのがわかります

 

 

 

 

 

 

未来にわくわくしてほしいのに

日本人は未来に不安ばかりもっています

 

 

 

お金がないと困りますが、

人生の善し悪しはお金ではありません

 

 

 

 

お金が必要であれば生み出せばいい

いくらあってもそれを活用しなければ何の価値もないのもお金

 

 

 

 

お金と自分の価値観のバランス

これをまず日本人には持ってほしい