大田麻美のBlog

笑って会話する私基準

2018年03月02日

 

ひとりでカフェにいる時は、人間ウォッチングするの結構好きだし、聞こえてくる会話を聞いてるのも楽しい。

 

 

笑いを中心に会話してるテーブル見つけると、トーキングスキル高く、心が満たされてるんだな〜って私まで楽しい気分になる。

 

 

関西人はイヤな出来事も笑い話に変えて誰かに喋ります。コレを自虐ネタと言うんだけど、コレは数少ない関西自慢できること。

 

もちろん私も得意。

 

 

 

 

 

ムカっとした事も、笑い話に変換して誰かに喋って、更に聞いてる人が笑ってくれると、ムカっとした出来事はネタという財産となる。

 

この自虐ネタをいくつも披露してると、その中に一生使える鉄板ネタが生まれるの。

 

 

私この鉄板ネタ、

かなり持ってます(笑

 

誰かを涙流して笑わせてしまいます

(自慢!)

 

 

 

 

 

昔は、

楽しく会話せず真面目に会話しなくちゃいけないシーンってないんじゃない?

本気でそう思ってたことがある。

 

 

 

今でもちょっとそう思ってる。

真面目な会話が必要な場所ってある??

 

 

 

 

 

笑いながら楽しく喋り続けるのは

ただ...半端ないパワーがいるんたよね

 

 

 

真面目な会話は私にとって

手を抜いてるということになるのかな

 

 

 

Instagram