大田麻美のBlog

いろんな依存症

2022年11月25日

 

今朝、撮り貯めてた録画で観た

フランス制作ドキュメンタリー

 

 

まさにこのBlogもそうなんだけど

SNS依存症のお話し

 

 

途中でコメントを入れてる

専門家や研究者の言葉が印象的だった

 

 

SNSの中の写真は仮想現実の世界だと...

 

幸せそうに笑顔で移る写真

それを撮る前に夫婦喧嘩したり

子どもを怒っていたかもしれない

 

...直球な言葉選びに

確かにそうだと思った

 

なぜなら私にも経験があるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

その仮想現実的な画像をSNSにUpし

「私(僕)幸せそうでしょ」

 

 

また、素敵で魅力的な画像だけでなく

危険な画像や文章で興味を誘おうとする人も。

 

 

そこに「いいね」や「♡」が付き

フォロワーが増えると

 

更にデジタル上の反応を期待して

画像にこだわり出すのだそう

 

 

 

 

 

映像の中には...

 

毎日異なるメイクをして画像を撮る女性

画像を撮るために終日デートしてる男女

大量の服を購入し続けカメラに収まる人

子どもにポーズとら撮影し続けるママ

 

 

 

映像に映る普段の様子は

そうだよねと共感できるもの

 

SNSにUpされた画像は

理想的で一瞬の世界のよう

 

 

 

SNSを利用する人の中に依存症が増えていて

アルコールや薬物依存と同じ病院で

SNS依存の治療を行っていた

 

 

 

他にも、SNSを観てる側の人にも

素敵で幸せそうな誰かの画像を見て

自己否定を繰り返し精神を病む人もいた

 

 

 

これは日本でも同じですね。

子どもだけじゃなく私達大人も同じ。

 

逆に子ども達の方が、

現実と仮想を分けているのかも知れない

 

 

 

心理学者が最後に、

自己肯定感や承認欲求を簡単に満たすことができるデジタル社会は、現実社会で人間力を高めるための経験すべき努力や時間を奪っている現実を、我々はどこかのタイミングで自覚しなくてはいけない。

 

 

 

SNSで発信する人、見てる人。

みなさんはSNSをどんな風に利用してますか?

 

 

そんなドキュメンタリーを観た私も

また仮想現実の一瞬を創り出した写真を

このBlogやInstagramにUpするんだろうな(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

~Today’s「親子 STORY」~

※2021年12月25日から突然始まった介護同居

 

今日の父はハードスケジュール。

 

朝夕の散歩に加え

銀行、ケアマネさんの訪問、一番遠い病院

 

前回、銀行で大変な思いしたから
(その様子はコチラのBlogで)

「銀行」と聞いただけで嫌アピールがすごい

 

 

銀行での用事が終わるとお昼前だったので

帰り路のお蕎麦屋さんで外食ランチすることに

 

 

 

隣に70代の男性と女性が先に座っておられ

関東っぽく一品を並べて既に酒盛りされてた

 

大きな声で聞こえてくるお二人の会話だけで

お名前と住所以外は全てわかるくらい(笑

 

 

 

 

男性は創業社長で現在は息子さんに承継し

相談役として一日5時間出勤してる。

 

承継した息子さんがデキないやつらしく

その嫁がガメツイだけでデキない女性で

大きな家で同居をされているらしい。

 

一緒に住みながら

嫁が食事を食べてくださいと言ったことは

一度もなく、掃除もできないんだとか...

 

最近、その息子が顧問税理士に騙され

数千万円の横領をされ裁判していたよう。

 

お父さんの兄妹もガメツイらしく

お父さんの財産を狙っているんだとか

それに息子が気付いてないのが更なる不満

 

 

 

 

隣で父とお蕎麦をいただきながら

これ、聞いてていい話なの?

 

補聴器してる父にも聞こえてるようで

父も私に顔でサインを送ってきてた

 

 

 

 

 

 

私は父が隣のお父さんの顔を見たり

笑ったり、何か言わないかとヒヤヒヤ

 

 

 

そんな私達を気にすることもなく

お父さんは、どんどん話し続ける。

 

所々で挟み込んでくるフレーズは

「わしがおるから、まだこんで済んでるんや」

 

うぅ~~~ん‼‼ その気持ちわかる!

でもそんな父ちゃんやから

ダメ息子になったんじゃ?

...心の中で呟いてました(笑

 

 

 

帰るのに父に上着を着せているとお母さんが

私に向かって 「お孫さんですか?」

 

我慢してた笑いが吹き出してしまった (><“)

娘だと伝えても信じてもらえず...

 

 

すると、お父さんが

「娘や言うてはんねんからそんでええがな」

 

そしてまた身の上話を聞けとばかりに喋り出した(笑

奥さんはきっとお父さんの話を結婚してからずっと

聞き続けてきたんだろうなぁ~と思う。

 

 

 

お店を出て父が何をいうのか

だまったまま待ってみた

 

父 「大変ですね~」

「私は幸せもんですわ。」疲労感

「よ~あれだけ喋れるもんですなぁ~」

 

 

大笑いしながら二人で家路につきました。

 

みなさん、外で会話する時は

注意しましょうね♡

 

 

 

メンバーシップLABO参加はコチラから

 

Instagram