大田麻美のBlog

自分ルールは最小限がいい

2022年11月11日

 

午前中は久しぶりのストレスで終わる。

 

メンバーグループLINEで

ちょっとしたメッセージが影響し

「なに? なに? なに? なんなのッ!?」

 

 

私はLINEを日常使用してないので

わけがわからないまま対応に追われ

 

その傍ら、限りなく忖度しつつ

研修録画をon-line再生提供してたら

画面の向こうで熟睡しだす...

 

「おぉ~い!」って声がけしたけど

反応なかったから途中で強制終了!

 

したら、ショートメールで

居眠り視聴が他所にon-lineダウンしたと。

on-line再生提供、作業効率落ちるから結構迷惑なんだけど

 

 

あれこれやりながらの~

お昼ごはん準備してたら

目を離した隙に飯炊飯吹きこぼれ

 

その瞬間、ストレスMAX!

「私の午前中時間、返してぇ~!!!」

 

 

...と自己責任を忘れる私。

お昼ごはん食べながらメンタル調整(笑

 

 

 

 

午後は、メンバー起業プレゼンon-line

これも、はなきりんらしいSTORY

ご披露してみますね♡

 

 

 

メンバー親子。息子は父の会社で勤務

父は息子に自立してほしいと願う。

息子は自立してると思ってる。

 

親子って難しいんだよね。

お互いウマく伝わらない

 

ちょっとしたタイミングで息子に

「起業したらどう? 」…という話になった。

 

まんざらでもない息子。

 

リアルお酒の席だったこともあり

その場にいたメンバー理事、私含めた

4名が投資するという話になった。

 

 

今日、出資するか否かを判断する

on-lineでのプレゼンでした。

 

 

最初のプレゼンでは「出資は無理だわ。」

そう思った4名でしたが質疑応答するうち

私達の方が「いいんじゃない♡」となり

 

次回、再プレゼン日程決まり

その内容で出資するかどうかが決まります。

 

 

 

きっと、出資者4名は全員経営経験者

on-lineで厳しい質問しながら

昔を思い出していたはず。

(少なからず私は25歳にタイムトリップ)

 

 

 

自分が初めて起業した時のこと。

 

未来にわくわくして

理想が現実になると思い込んでたし

構想よりエネルギーの方が力になった。

 

 

息子の事業話してるうちに私達が

もう一度、なにかやりたくなった♡

 

今回は課題を出し、

次回プレゼンon-lineで出資の有無が決まります。

 

さぁ~どうなるかな?

全ては本人次第。

 

 

何かをしたい人を応援するのも

当会のいいところかもと思った私でした。

 

出資=投資ですから

利回りは楽しみのひとつです♡

 

 

 

そんなMTG後は企業再生計画on-line

初心を思い出してほしいと思う私。

 

人生・事業に順風満帆はない。

日々、自分の限界に挑戦し続けるか

継続のみがいい結果を生み出すと改めて思う。

 

同時に、人はいい経験をすると

それに甘んじ努力を忘れ実績依存する

そんな一般的なSTORYの存在を思い出す

 

 

私は自分の経験上「もう無理かも」

それは逃しちゃいけないターニングポイント!

 

結局のところ人は、自覚できる窮地に立たないと

過去の過ちを認め一変する覚悟ができない。

 

だから何事も、窮地は逆転のチャンス

そう思えたら未来は大きく拡がる♡

 

 

 

 

 

~Today’s「親子 STORY」~

 

父の体調は隔日なのか?

1日不調を訴えると無理させず休ませ

翌日のエネルギーを蓄える必要がある?

 

 

私は90歳という年齢を経験したことないから

手探りしながら父の状況を考えるのですが

それは仮設でしかなくて悩む。

 

ただ思うのは...

自分のメンタルコントロールが出来ないと

ツラい時間が続くということだけはわかった

 

みなさんは、モチベーション落ちてる時、

自分のモチベーションを調整できますか?

 

 

セカンドライフを楽しみたいなら

このスキルは身に付けていた方がいい。

 

 

父が食欲なさそうな時、

隣で楽しい会話と頑張ってる父を敬うと

父が食事を完食してくれることを発見。

 

 

 

何でも出来てた人。

人一倍頑張ってきたと自負する人には

出来てることが出来なくなるショックは大きいのかも

 

 

 

今日は、調子のいい父でした。

明日は...落ちる?

 

 

私は兵庫県で講演なので

妹に父はお任せ♡

 

 

経験に損はないといいますが

本当だと思います。

 

一度きりの人生、

いろんな経験して学びたいね。

 

大変な現実に出会うたび

自分の未来が愉しめると思えば

大変も乗り越えられるのでは?

 

 

メンバーシップLABO参加はコチラから

Instagram