大田麻美のBlog

経験がつくりだす価値観

2022年10月19日

 

 

日曜日の朝から寝違えてしまったようで

首が痛く、しかも治らない。

 

私は腰痛の関係で毎朝ロキソニンを服用

それでも痛いから漢方服用したら日中は緩和

 

夜ベッドに入った時には

「こりゃ明日は大丈夫だな!」

...朝、目覚めたら激痛 (><“)

 

 

更に、昨日から口角炎

口の両サイドが軽く切れてる

 

食事をすると「痛ッ!」となり

処方薬わからず自然治癒力を信じる

 

 

 

今朝、歯磨き後のうがいしてたら

5㎝くらいの糸上の血?のようなものが

一瞬で排水溝に流れたから定かじゃない。

 

顔を洗って鏡を見ると鼻の中に血が...

 

 

 

 

一つの症状なら気にならないのに

3つも続くとさすがの私も「どうした?」

自分に問いかけてました(笑

 

 

こういう時、ネットって便利です

調べると...まぁ~出てくる「ストレス」の文字

 

「ストレスで片づけるなぁ~~~ッ!」

「私の場合、絶対ストレスじゃない!」

叫びそうになった(笑

 

 

急に気温が下がったせいでしょう。

まだ夏仕様の我家なので温かくします。

 

あまり気にすると万病の原因

ストレスとやらが発生します

心配なら病院へ行くことです。

 

 

 

 

 

話しは変わって、昨日のBlogに書いた

最近メンバーシップ登録が増えてるお話し。

 

12月3日に「女子会」をすることに♡

 

言い出したのはわたしじゃなく

女性メンバーが雑談で男性メンバーへ話した。

それはいい!と私に開催しようと思うと報告あった

 

誘われてもいないのに

「私も参加するぅ~♬」と言うわたしに

男性メンバーが電話の向こうで困っていた(笑

 

 

設立当初は男性メンバーが9割超えていたのに

今では女性メンバーが4割♡

 

 

私「女子会」ってやったことなくて

男友達しかいない私には苦手意識も。

 

でも、メンバー女性なら大丈夫!

仲間ですから逆に楽しみ。

 

 

私の中にそういうアイデアなかったから

「女子会」という響きが新鮮で

既に次回以降の企画が湧いて困ってます

 

メンバーは全国にいるので

毎回開催場所を変えるのもいいよね。

いい場所もいい季節だって違うし

 

人生、いろんな人たちと楽しみましょう~

 

 

 

 

 

 

~Today’s「親子 STORY」~

 

今日も父は元気でご機嫌さん。

ただ朝寝坊してパンを焼いてる間に

うたた寝したことで少々落ち込んでいた。

 

父 「一日の時間がずいぶん減ってしまいました…」

 

私 「寝るのを遅くすればKeepできるで!」

 

父 「あんたはロクなアイデア言いませんね!」

 

 

朝散歩に出遅れた父は

近くのスーパーへ買い物へ出かけた

 

買ってきた中に粒の大きなマスカット。

¥1,680.-と書かれていて驚いた。

 

 

 

去年の夏、退会した法人メンバー会長から

我家へ葡萄の贈り物をいただきました。

 

 

 

 

いろんな品種の詰め合わせ。

この葡萄が人生最高の美味しさで

 

来年は自分で購入しようと思ったけど

送られてきた箱にもどこにも

取扱店の記載がなかった。

 

 

しかたなく...

電話で言うのも失礼かと思い

お礼と共に販売先を教えてほしいと手紙を

 

すると会長も手紙で販売先を教えてくれた。

書かれていたのは農園名と携帯番号

 

 

今年...1年待って

教えてもらった携帯へ電話をしたが出ない。

折り返しの電話もない。

 

会長の名前を出してショートメールしたら

折り返しのお電話をいただけました。

 

が、販売してもらえませんでした。

理由は、生産量が決まっていて

昔からのお客様の注文でもお断りする状態だと

 

え~え~そうでしょう。

あれだけ美味しい葡萄なら誰だって買い続ける。

 

それでも食べたい私は

仕事で身に付けた交渉力で挑戦!

 

最後は...私、口八丁

「傷みがあるものでもいいです。」

「来年でもいいです。」

「送り先だけメールしておきます。」

 

...でも無理でした。

どうやっても変えない物もあるのね

 

 

 

 

 

ところがまた今年も会長から

去年と同じ葡萄が送られてきたのです♡♡

 

フルーツ大好き父が初めて食べる葡萄に

私と同じリアクション、大満足!

 

 

 

話しがちょっと長くなりましたが

そんな出来事があったので

 

いつもは安いものか

半額シール貼ってるものしか買ってこないのに

¥1,680.-の葡萄を買ってきたのだと

美味しいものは食べさせるべきと思った。

 

 

 

お三時に葡萄を出すと

 

父 「うっま~い! これなんですか!」感激

 

私 「今日、お父さんが買ってきた葡萄やん」

 

父 「そうでしたか。まぁ~美味しいですわ!」

 

私 「いつも、こういうの買ってきてよ!」

 

父 「それ、どういう意味ですか?」プチ怒

 

私 「安いばっかりじゃなく、高くても美味しいもの」

 

父 「これ、そんなに高くないですよ」

 

私  ...これはもしかして

「この葡萄、いくらやったか覚えてる?」

 

父 「298円やったと思います」

 

私  葡萄のパックごと父に値札を見せ

「父ちゃん! 1680円ですよコレ」爆笑

 

父  固まった

「・・・」言葉も出ない

 

 

 

 

もう私は笑いが止まらず大爆笑

それを怒る元気もない父

 

さっきまでパクパク食べてた葡萄も

丁寧にゆっくり食べていた。

 

 

 

5分ほどしてから

 

父 「高くても価値がありますね!」

 

私 「父ちゃん! よ~言うた!」

「次も、少量でいいから美味しいものお願い」

 

父 「あんたが買いに行ってください。」

「私は正気では買えません...」

 

 

 

 

始末して生きてきた父の価値観。

この価値観も変えてみようか?

 

 

メンバーシップLABO参加はコチラから

Instagram