大田麻美のBlog

誰かを信じるよりも...

2022年06月13日

 

 

金曜日に追いついたメールも

月曜日は予想通り大量受信 (_ _”)

 

 

メールCheck and 返信完了すると今日は終わり

なんで定時に合わせて片付くのか?

罠に想えて仕方ない私(笑

 

 

 

今週で私のまったり時間も終了

勝手にONスイッチが入り出してる。

自然にその準備始める自分が可笑しい

 

食材調達や冷凍保存を始めたり

今のうち催促メールをメンバーに送ったり

出来なくなる仕事の優先順位が急上昇したり(笑

 

 

考えなくても勝手に動きだす自分に

「なかなかやるねぇ~」と声かけたくなる

 

 

 

 

 

 

 

~Today’s「親子 STORY」~

 

週末、妹が父を定期健診に連れてってくれた

前回は、通院して初めて褒められた父

今回も期待して行ったはず。

 

 

帰宅した妹の報告は...

父が肺炎になっていて入院するよう言われたけど

私の顔が浮かび連れて帰ってきたと。

連れて帰ってこなくてよかったのにぃ~ (><“)

 

 

 

ここ最近、超元気な父が肺炎???

高齢者にはよくあるそう

 

 

Dr.は、血液検査の白血球の多さを指摘

これは私も去年ヘルニアで入院した時に知った。

身体のどこかで炎症を起こしてると上昇するのだ

 

 

 

 

 

白血球数値が高かったのでCTを撮ると

肺が白く肺炎であることが判明。

 

入院せず家に帰ってきたことに

父がホッとしてる(笑

 

 

 

 

父が次、入院したら確実に死ぬ。

ほどよい運動とメンタルが何よりの薬。

また人生の最期に何が大切なのか...

 

来週、再診の結果で入院か否かを決めるらしい…

けど、私の手に負えない状態じゃなければ

どんな数値であっても入院はさせない。

 

 

大丈夫?

そう思うみなさんには知ってほしい。

 

 

 

 

 

元気にしてる父にとって

入院と自宅看護と何が違うのか?

 

 

点滴、安静、食事くらいしか思いつかない

元気な父を安静にとベッドで寝かせておくと

確実に体力は落ちてしまう。

 

カロリーを気にした味の無い食事は

父にとって拷問でしかない

 

点滴は、近所のホームDr.の所でもできるし

訪問診療をお願いしてもいい。

 

 

 

 

体調が悪くなった時、

病院やDr.に依存するのは私は反対。

 

もちろん、そうでない場合だってある。

病院やDr.が出来る事を知ることが大切♡

 

 

人間は繊細だけど単純な生き物。

CTで肺炎でも症状として出ていない今

父に必要なのは

 

・より多くの楽しい時間

・美味しいと思う食事

・ほどよい運動(散歩)

・規則正しい生活

・それと… 少しの緊張感♡

 

 

 

私は父のホームDr.と対面したことないけど

きっと、データオタクのDr.と感覚派の私は

間違いなく対立するんだろうなぁ~(笑

 

 

 

そんな話を妹としてるのを聞いてた父は

来週再診しても入院することはなく

なんなら肺炎は私が治してくれる

...くらいに思ってるようで

今日も言いたい放題でした。

 

メンバーシップLABO参加はコチラから

Instagram