大田麻美のBlog

問題の大きさは自分の器サイズ

2022年06月03日

 

本日メルマガ配信の日

人気講座を特別に依頼して放り込んだので

メルマガCheckして早めに申込くださいね♡

 

今回の私のコラムは

プチBusiness講座を開催してみました。

 

昨日のBlogじゃないけど

仕事を見つめ直す機会にしてほしい

 

 

 

誰も私に仕事が何かを教えてくれず

社会人になってから大変なことばかり

 

プライベートで起こる問題なんて

蚊に刺されたくらいのもの

 

その中でも、愛犬親子を亡くした時は

1週間泣きはらし仕事を休んでしまった

唯一、自分をどうにもできなかった時間。

 

 

 

 

仕事で起こる問題はバリエーション豊かで

留まるところを知らず次から次へと異常発生

 

出来る言葉増え、売り上げが増えるごとに

問題も大きくなるから不思議よね。

 

 

みなさん、冷や汗じゃなく

脂汗流したことありますか?

怒りで手足が震えたことある?

 

 

 

今、思い出せば笑って話せるけど

当時の私は、神さまの悪戯に翻弄され

「無理!」と言えば人生終わってたかも(笑

 

 

今は、なぜそんな問題が起こったかわかる。

どう対処すればよかったかもわかる。

 

でもね、それは経験したことだからわかるの。

今でも、神さまはいろんな挑戦状を叩きつけてくる

 

私の感覚的なところでいうと

ちょっと挑戦状の質が変わったかも♡

 

優しくなったというよりは、

本質の部分をえぐり出すようなものが多い。

 

人としてどうなの?

優しさってなんなの?

相手のため?自分のため?

結局、自分はできてるの?

 

 

そんな挑戦状を問題にして与えてくる

 

 

 

明らかに相手の利己的な意図が見えても

それを正論で叩き切るのが正しいこと?

それとも利己を利他に変えるのが役目?

 

 

存在しない神さまが私にニヤッとする。

私を知り尽くしたかのように挑戦的に語りかける

 

 

それは実際に存在するものではなくて

いつの頃からか私の中に私がつくった神さま

もしかしたら神さまじゃないかもしれない。

 

もう一人の私なのかも知れない♡

 

 

 

 

 

みなさんの中にもいませんか?

時々、自分に語り掛けてくる誰か。

 

「今のあなたでいいの?」

「そんな行動して後悔しない?」

「本当は間違いだってわかってるんでしょ」

 

 

そんな風に語り掛けてくる誰か。

私はそれを「神さま」と呼んでます(笑

 

 

 

 

「悟りを開く」といいますよね。

ネットで調べてみました

 

「心の迷いが解けて、真理を会得する」と辞書にあります。 現代では苦しい事を諦めたり、物事の本当の部分を自分で自然と知れるようになるということです。 悟りの境地を開いたというのは、雑念がなく完全に執着がなくなった状態のことをいいます

 

 

そう書いてあったけど意味がわからない。

物事の本当の部分とは、本質のことをいうのでしょうね。

雑念や執着というのは、どこまでのことをいうの?

 

 

私の中で我慢は努力じゃないと思っていて

やりたい事や目標も雑念や執着になるの?

 

 

 

雑念を調べると

気を散らすさまざまの思い。いろいろな、余計な考え

 

執着を調べると

ある物・事に強くひかれ、深く思い込んでどうしても忘れ切れないこと

 

 

 

なるほど。なるほど。

私は言葉に迷うとすぐに意味を調べます。

Shiriに問いかければ数秒で教えてくれる

 

 

みなさんは雑念や執着ある?

私はあまりないことに気付きました

 

 

気分転換は得意だけど気を散らす目的じゃないし

物事に惹かれ忘れられないなんて逆にしてみたい。

 

 

 

みなさん、

スマホをLINEやSNSの使用から

調べる辞典のようにつかっては?

 

これから必要なスキルだと思う。

ちなみに私のスマホ依存度は10%未満♡

 

 

 

 

 

 

 

 

~Today’s「親子 STORY」~

 

私は外出時マスクを外すことに

一応、もってますよという演出しながら

 

 

 

 

 

それを見た父が

 

父 「もうマスクしなくていいんですか?」

 

私 「状況による」

 

父 「状況って?」

 

私 「説明が難しい...」

 

父 「私には理解できないってことですか?」

 

私 「そうじゃなくて、細かな対応できないと思う」

 

父 「言うてみてください」

 

私 「外を歩く時はいいけど」

「エレベーターや室内、電車はダメ」

 

父 「スーパーは?」

 

私 「ダメ!」

 

父 「スーパーのエスカレーターは?」

 

私 「ダメ!」

 

父 「散歩してる時は?」

 

私 「マスク無しでいい」

 

父 「マンションの1階は?」

 

私 「ダメ」

 

父 「室内ダメなら、家の中は?」

 

私 「家の中は他人がいないからOK!」

 

父 「そんな細かなルール誰が決めたんですか⁉」

 

父はかなり苛立ってましたが説明するのが面倒になり

 

私 「私でも難しいルールがあるから」

「外出少ないんだからマスクしといて!」

 

父 「あなたが作ったルールじゃないんですか」

 

 

 

八つ当たりが始まる予感...

話題を変えると、マスクを忘れる父(笑

 

 

 

今日も朝、父は椅子から落ちてました。

私に文句を言われる前に...

 

父 「私は床に座りたいんです!」

 

昨日、落ちたこと覚えてたんだ(笑

 

 

 

今日も体調悪いとこなく90歳なりに健康な父

それでも更なる欲から不平不満を口にしてます。

 

面倒なことを言う時は

話題を変えるかスルーするかがおススメ♬

 

 

 

明日の朝は私担当on-line講座

家も時間も断捨離しましょ!

 

 

 

メンバーシップLABO参加はコチラから

Instagram