大田麻美のBlog

あなたが戦ってる相手は誰?

2021年10月19日

 

最近は考える時間がなかったかな

 

 

私は一人じっくり考えるのが大好きで

それは、選択や段取りじゃなく

 

どこにもない自分でも想定外の答えが

ある意味楽しみでよく考えてた

 

 

私はとんでもなく天邪鬼かも?

そんな風に思うこともしばしば...

 

誰かの出した答えや考え

それ以外の答えがあるのでは?

いつもそんな事を思ってる私がいて

 

 

だから私の出す答えは

いつも破天荒で周りを驚かせてしまう

そのリアクションを楽しんでいるのかも

 

 

周りが驚いてくれるから、

それを立証してみたくなって必死になる。

 

 

周囲の9割が「それは無理でしょ!」

そう言われるほど闘争心みたいなものがムクムク

 

 

 

 

 

私の「考える」の定義は

誰の考えや一般的な意見とは異なる

ゼロからイチを生み出すオリジナルの答えを出す

プロセスみたいなところだと思っていて

 

 

 

 

 

 

日本人って、海に囲まれた一国一民族の歴史があって

農耕民族という協調性の中で自分を見出す。

そんな習慣性があると感じる。

 

 

ある側面では、

それは相手を気遣ういい一面でもあるけど

グローバル化した今となっては弱点でもあるかも。

 

世界には、地続きで陣取り合戦を繰り返した

狩猟民族たちだっているわけです。

 

 

万能に受け入れられる考えや言葉よりも

想像もつかない未来にどうすればいいかの

具体的な考えを求めているんじゃないのかな?

 

 

地球温暖化をくい止めるには?

子ども達が未来を楽しんで生きるには?

世界の貧困格差をなくすためには?

世界から紛争が無くし平和にするには?

 

 

答えがない答えを

誰かが出してくれたらと思ってる。

 

 

 

まず自分からじゃない?

世界を自分が変えられるなんて思わらないけど

自分くらいはなんとかできるんじゃない?

 

そんな人が地球の上で生きる全ての人ができたら

地球環境も紛争を無くすこともできるはず。

 

 

 

 

そういう意味では、

コロナウィルスは人間よりも必死で貪欲かも。

 

いかに自分たちのウィルス

地球上で存続させたい一心で戦ってる気がする。

目に見えないウィルスには勝ちたいよね(笑

 

 

 

 

 

 

この写真は、私じゃなく

農場のしのぶさんが撮った一枚

 

 

 

 

 

しのぶさんの視点の先には

芝生の中に咲く名もなき花があって

きっと、この写真の花を観てるしのぶさんの想いは

私たちが想像できないことを思ってる。

 

 

この写真を誰かに自慢するでもなく

この花を通して自分をPRするでもなく

見つけたその花が愛らしかったから撮影した

ただそれだけのことだと思う。

 

 

まだまだ私にはそんな目がないなぁ~

 

 

しのぶさんに確かめたわけじゃないけど

誰にも存在を知られなくても一所懸命

自分の役割を全うしてる健気な姿から

 

何かを学びエネルギーをもらったのだと

想像する私。。。

 

 

 

 

体験する学び場の農場では、

大自然と小さな人間が向き合いながら

地球のため誰かの笑顔になればと戦う

しのぶさんとルン爺がいます。

 

 

 

 

 

 

綺麗事じゃすまない自分や自然と向き合ってる

この二人の前に出ると装いが通用しないと思うから

私に、本気で本音で自分と向き合わせてくれます♡

 

 

 

みなさんも世界最強の自分と本気で向き合って

自分オリジナルの素敵さを見つけて発揮してほしいな

 

 

 

農場から帰ってきて日常に戻り

少し考える時間を持ちたいと思った。

 

 

 

 

誰かと群れたり共感、誰かに評価されることで

自分を認めるんじゃなく...

 

 

自分のオリジナルな考えが誰かを幸せにすると

信じられる自分づくりできるといいね♡

 

 

私も、いつかそうなりたいから

日々、自分とだけ戦いたいと思うの

 

 

 

メンバーシップLABO参加はコチラから

Instagram