大田麻美のBlog

世界の中の私という立ち位置

2021年07月01日

メンバーシップLABO参加はコチラから

 

 

コロナや東京オリンピックで世界のNEWS

よく見聞きするようになりましたね。

 

 

先日海外のドキュメンタリー番組で

2050年に人間絶滅論を唱える話をしてた

 

それは、

地球上から人間がいなくなるというだけでなく

人間が知能のあるホモ・サピエンスと一括りにされた時から

進化を遂げてきたように、更に進化して今の人間はいなくなる

そういう意味も含まれているという。

 

 

こういう想定外な話は好きです♡

つい引き込まれて見入ってしましました(笑

 

 

AIやデジタル化が進化すると

生存本能を持つ人間はそれとは差別化される

新しい進化をしだすのだそうです。

 

 

アメリカの軍がとらえた

UFOも最近のNEWSにありましたね。

 

 

エネルギー(熱)を使わずに

飛行してるというじゃないですか!

既に、地球上とは異なる生物が宇宙のどこかに

...いるのかもしれない

 

 

他の国のことにも興味があるけど

宇宙のことはもっと興味がある。

 

素人とは思えないくらい

宇宙については学習してます(笑

ほとんど趣味の世界です。

 

 

 

私が宇宙に興味をもったのは27歳の時

眠れない夜があって

その時に

 

物には全て端っこが存在して

端の向こうにはまた別の物の端があって

 

なら、宇宙の端ってどんな?

宇宙の端の向こうには何があるの?

 

バカバカしいくらい

天文学的なことを考えてました

 

そんなこと考えてたわけですから

その日は結局一睡もできずでした(笑

 

 

その日を境に私の宇宙への興味が始まり

本を買ったり、今ならネットで文献読んだり

 

誰にも答えがわからないことを

想像するのって楽しいです

 

自分なりの答えを出して楽しむのです。

 

宇宙の端の私の答えは子どもっぽいもので

またの機会にたっぷり書いてみたいと思います

 

 

 

 

今日、私が書きたかったことは

視野を広げましょう! ...ってこと

 

 

自分だけじゃなく少し周りを見ましょう

周りの人だけじゃなく地域を見ましょう

地域だけじゃなく全国を見ましょう

全国だけじゃなく世界をみましょう

(宇宙までとはいいません)

 

 

 

視野を広げると

自分の立ち位置がより明確にわかります。

 

私は日本の情報より

海外の情報に興味があります

 

きっと前職で海外で仕事をする中

あまりの価値観や習慣性の違いに

カルチャーショックを受けたからかも

 

 

国内の新聞より海外の新聞に興味

 

 

 

ニューヨークタイムズも

日本の新聞と同じでアメリカ主観で書かれてます

 

しかし日本にいる私にとっては

アメリカの主観は客観的なものだから

「へぇ~~~」の連続です。

 

 

日本ではよく「日米」の話題がでますが

アメリカでは日本を注目していません(笑

 

アメリカは日本が自国に影響力をもつとは

位置づけていないのです。

日本より中国や中東、ロシア

 

 

 

それを知って、日本の「日米」の話題を耳にすると

なんだか一抹の寂しさを感じます

が!それが現実なのです。

 

 

 

日本語で聴けたり読めたりする

海外のNEWSはたくさんあります。

 

みなさんも興味をもって

視野を広げてみてくださいね

自分の立つ位置がよ~くわかりますよ♡

 

 

 

 

それをもっとわかりやすく

事例を理解して学べるのは▼

7/25 ひとつ先行くオトナの学び

 

 

 

 

Instagram