大田麻美のBlog

勝者の舞台裏を想像する

2021年05月12日

>メンバーシップLABO参加はコチラから

 

 

 

昨日、最終のon-lineリハーサル終わり

女性メンバーさんと2時間の長電話

 

電話が終わったころには

日付が変わりそうな時間でBlogはおサボリ

 

 

長電話したメンバー女性は私と真逆の人

性格も生きてきたプロセスも何もかも...

 

彼女からの電話にはいつも

時間に余裕のある時しか出ない

結論しか話さない私と真逆の人だから(笑

 

 

その彼女から昨日

「理事長、最近よく喋りますよね」

「今日もず~っと理事長が喋ってるし」…って

 

 

そんな自分を知らない私は「うそッ?」

…と言ったものの、喋ってた

 

「理事長、なんか最近いつもと違う」

そう言われ「ない。ない。」と言ったものの

確かにいつもと何かが違うかもしれないと気付く

 

 

ゆる~い雰囲気の彼女がメンバーになって3年

今の私の環境も影響して心許してるのかも...

 

私の中に自分では気づいてないストレス?

彼女との会話の中で吐き出してる気がした。

 

電話を切った後バスタブにつかりながら

無意識にメンタルバランスとってる?

自分を客観視してた(笑

 

 

 

この頃は仕事もバリエーション豊か

講座準備、講演、企画、添削、リハ、面談、事務作業、原稿、電話、相談、管理、BlogにInstagram、事業計画etc...

 

 

今日は何年ぶり?

自分で広告制作

 

 

 

 

 

フォントサイズを0.5ptごとに変え

数ミリ単位で配置変更

写真の透過%調整

 

いちいち実寸印刷して確認

記載する文字も一文字を検討するし

句読点の有無や文字間隔までこだわる

 

 

何十枚も印刷する広告

 

 

 

 

みなさんは日常生活の中で

何気に広告を見たり雑誌を見てますよね

 

それが印刷にまわされるまで

コピーライターさんや編集者さんって

とてつもない検討を繰り返します

 

 

昔、数年間広告の勉強をした時

そのことを知り職業病みたいになって

新聞、広告、雑誌、本の装丁、看板etc…

 

TVのCMも普通に観れなくなり

その裏側にある理由を探すようになって

なにを見ても頭がフル回転してました

 

 

久しぶりに広告をつくったら

思考と目が疲労...

 

 

 

 

ビジネスにはPRは大前提。

どんなにいい商品を創りあげても

知ってもらわないとその努力は報われなもの

 

 

SNSもYouTubeもCMも本も

チラシ一枚だって反響がなければ

なにもしていないのと同じ

 

 

 

勝負の世界でいうところの

勝利した者が強いという結果でしかなく

結果を前に努力はなにの価値もないとされる

 

 

努力は無駄なの? ...と聞きたくなるよね

 

 

その答えは

▪方向性が間違ってるんじゃないの?

▪成功への過程じゃないの?

 

 

 

耳の痛い話かもしれないけど

今はそういう判断する時代になったのかも。

 

 

 

最近の子ども達の中には

YouTuberになりたいなんて耳にするよね

 

それって私はいいと思うの。

PRがウマい人は今後、更に求められる

 

YouTuberの見た目がどうかじゃなくて

Upした動画の再生回数を何百万回、何千万回

世界中の人に視聴させるなんて神業ですよ。

 

 

そんな事ができる人は

どんなビジネスだってやってのけちゃう

 

 

 

 

 

勝者や羨ましいと思う人の

裏側の苦悩まで見れるようになると

価値観は間違いなく変わるかもね (^_-)-☆

 

 

 

長期的に結果を維持してる人には

必ずその裏にとてつもない努力が潜んでる。

 

それ、子ども達に伝えたいよね♡

 

 

 

 

Instagram