大田麻美のBlog

ちょっと真面目なお話し

2021年04月28日

>>メンバーシップLABO参加はコチラから

 

 

 

そろそろ写真のネタ切れ…

 

もともと写真を撮る習慣がなくて

いや、写真に興味がなくて?

 

SNSで発信する以上必要な写真

なかなか必死な感じです(笑

 

 

事務局は明日からGW休暇

緊急事態宣言下、私はたっぷりお家時間

 

 

 

今日は朝LABOから始まり

夜の資産運用講座で終わった一日

 

思うところがあって

今日は真面目に書いてみますね♡

 

 

 

感染が拡大する中で

いろんな「長」がいろんな決断

 

首相や各大臣の決断

各自治体の長の決断

オリンピック委員会の判断検討

 

 

そんな決断や検討に対して

メディアや評論家は物申すのですが...

 

人って、誰かが創りあげたものや決断には

ごもっともらしく意見や批判をするけれど

 

じゃぁ~あんたがやってみろと言われると出来ない。

出来る人は言葉より先に動き出してるもの

 

表面的には見えてこない

いろんな事情や条件、しがらみって

どこにでも存在するものだもの

 

簡単に出した答えじゃないことくらい

少し考えればわかること

 

 

 

メディアや人の意見に同調することなく

誰かに言うんじゃなくていいから

自分オリジナルな答えを出してみて

 

 

自分オリジナルな考えや決断って

今後、世界中、社会、生きてく中で

求められる時代になると思うの

(世界的にも日本はそれが不得意)

 

 

 

 

 

そんなこと考えてる時

タイミングよくこんな話題がでました...

みんなならどう思う?

(私の考えも書いてみます)

 

 

私は前職、建築業界で仕事をしていたので

建築業界の知り合いは多く

 

そんな建築業界では今

ちょっと大変な問題が起こってます

 

 

 

材木が高騰して入手困難な状況

 

原因は、中国とアメリカが住宅バブルで

高値で世界の材木を購入してるから

日本はこれまでの価格で材木が輸入できず

材木が不足してるの

 

 

日本の住宅に使用する材木の

自給率は30%程度

 

材木を輸入に頼りだして半世紀以上

そのせいで日本の林業は衰退の一途

 

国土の7割が山林の日本だけど

木を伐採して加工する人も企業も今はいない。

 

 

 

世界で材木が高騰していて輸入量が減り

調達に時間を要しつつ材木が高騰し始めてて

近い将来20%以上値上がりすると言われてるの。

 

 

大手ハウスメーカーも

近々、住宅価格を5%値上げするとか...

 

 

このまま行くと建築会社はやっていけなくなり

住宅購入できる人も減ってしまう。

 

建築業界では不安がまん延中

 

 

建築業者さん達から

「大田さんはどう思いますか?」

...って質問されたの

 

みなさんならなんて答える?

正しい答えなんてどこにもないから

ちょっと考えてみて欲しいの

 

 

 

 

 

私が考えた答えはこう...

 

建築会社さん達に対して

「どんどん販売金額上げなさい!」

 

決して暴利を貪れって意味じゃないの

材木の高騰に合せて値段を上げなさいという意味。

 

しかし、建築会社からすれば

そんなことしたら売れなくなるというの。

 

 

 

それは、とても狭い視野での答えだわ。

 

最近メンバーがSDGsの講座を企画してくれたから

そのことでより深くSDGsを考えるようになった

 

 

世界視野で今回の材木の高騰を考えれば

私はいいことだと思うの。

 

 

モノの価値は全て需要と供給のバランスで決まり

需要が多いモノには価値が付くのは当然。

 

企業だってより高値で買ってくれる人に

売りたいと思うのは当然のこと。

 

どうしても必要なものなら

高くても買えばいいのです。

 

 

地球の裏側では、

貧困に喘ぐ人達が安い賃金で

労働搾取されてる現実があるし

 

より安価で雇える子ども達から

学ぶ機会を奪って労働搾取してるのも事実

 

それに大切な森林資源を

需要があるからと森林破壊してる現実も。

アマゾンの森林破壊問題なんかもその一つ。

 

 

SDGsの中には

貧困をなくしましょう

陸の豊かさを守ろう

そんな目標項目もあります。

 

 

労働搾取せず適正賃金を支払うことが

貧困をなくすことにつながります。

 

そのことで価格が高騰すれば

当然、購入できない人も増えるでしょう

 

購入する人が減れば

森林崩壊も減るでしょう

 

 

価格が高くてもどうしても必要なものなら

経済的余裕を得るために人は努力するでしょう

 

そうすれば経済は活性化する。

 

 

私が思うに、それが適正価格。

地球の上にいる人は皆おなじ人間です。

 

その場所ごとの生活水準にあった

貧困を無くすことは大切なこと。

 

 

地球環境が悪化しているのも

先進国や新興国の利権みたなものが原因で

地球全体のことを考えれば利権は害でしかない

 

 

 

材木の価格高騰はひとつでしかなくて

食物だって地下資源だって同じ

 

地球の自然資源は地球全体のものだから

誰かが得して誰かが苦しむのは間違ってる

 

 

住宅価格が上がるというより

適正価格を目指しているに過ぎない

 

...そう私は考えるの

 

 

 

コロナが突然、世界を席巻したのは

きっと偶然じゃない。

 

自然が地球全体の調整をするために

コロナが発生したように今は思える

 

 

 

どこかで労働搾取をされたり

一部の人間の欲求を満たすために

自然を破壊してるのなら

 

いろんなものの価格が上がればいい。

 

価格が上がれば、私も含め人間は冷静になって

本当に必要なモノか否かを考えるようになる。

 

貧困に喘ぐ人達だって

生きるために時間と労力を消費するんじゃなく

豊かさがなんなのかを知ることになる

 

 

 

昔、貧困を抱える国に住む友人に言われた

(今、中国の話題に出てくるウイグル)

 

あなたたち日本人は物質的な豊かさは持ってるけど

ここの人達は精神的な豊さを持ってるの

 

 

友人に言われたこの言葉は

きっと一生忘れない言葉かも。

 

 

 

 

私だって、いろんなモノの価格が上がれば困る。

でもそれは自分でどうにか回避すべきものだとも思う。

 

 

それよりも0.001%も変らない細胞を持つ

地球の上に暮らす全ての人が

心豊かに生きてる方が幸せかも

 

 

 

私の周りにはまだまだ不必要なモノがある。

見つめ直させてもらえるいい機会でもある。

 

 

歳を重ねる毎にシンプルが心地よく感じて

肩を張らず、背伸びもしない身の丈が

とても楽ちん

 

 

 

 

今日はとっても真面目なBlogになりました。

家時間が長くなるGW

 

ちょっと地球に想いを馳せて

オリジナルの答えを導き出す時間

少しでいいからもってみてね♡

 

 

 

Instagram