大田麻美のBlog

言葉でウマく説明できないこともある

2021年04月15日

>>メンバーシップLABO参加はコチラから

 

 

 

体験する学び場に農場を選んだのは

2018年9月

 

 

 

体験する学びを

作りたかったわけでもなく

探していたわけでもなかったし

誰かに勧められたわけでもなかった。

 

 

ちょっとした会話の中に出てきた

農場の話題に引き寄せられるように

行ったその日に決めたのでした。

 

ただ「なぜ?」と聞かれても

言葉で説明するのが難しく

 

まさに「直感」

 

 

団体は企業じゃないので

なにかするにも理事達の承認が必要。

 

農場から戻って理事みんなに

「体験する学び場つくっていい?」

 

みんな

「なんですか? それ?」 って顔してた

 

 

きっと理事達の心の声は

「どうせ反対したって決めてるんでしょ」

 

そんなところだと思う...

 

 

 

その後、農場のルン爺やしのぶさんと話しをし

正式に「体験する学び場」となったわけです

 

 

が...

そのことをメンバー全員に伝えても

みんな 「????・・・・・・」

 

 

あるメンバーからは

「農場まで行かなくても私の周りには自然だらけ」

なぁ~んて言われちゃったりもした(笑

 

 

でも私は言葉でうまく説明できなくて

メンバー達に「とにかく行ってみればわかる」

今でもそう言うことしかできてないの(笑

 

 

それから2年と少し

疑いながら少しずつメンバーが

農場を訪れるようになったのですが

 

嬉しいことに行った全員が私と同じ。

なにがいいかを言葉にできないまま

「とにかく行ってみればわかる」

そう言って周囲に勧めてる(笑

 

 

自然があるからいいのではないんです

私の自宅からでも30分車で走れば

自然はたくさんあります。

 

でもそれと農場とは違うの

じゃぁ~なにが違うの?

そう言われても説明できない...

 

 

農場に行くとどうなるの?

...そう聞かれると農場の名称どおり

「童心にかえれる」

「心がリフレッシュする」

今でもそのくらいしか説明できない

 

 

 

 

 

そこで、

農場に行ったらこうなりますっていう

写真を3枚ご紹介~♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ほんの一コマ

 

固いデッキの上で眠らないで

木陰の芝生の上の方が心地いいのにね

 

 

風の感覚、新緑の香り、太陽のぬくもり、鳥の声

人が楽しそうに話す声も子守歌のようで

こんな感じで眠りについてしまうの

 

 

目が覚めると、

寝ぼけ眼、寝起き声で

ふら~っとサロンに入ってきて

誰かのする会話に入ろうとするの

 

 

そこになにの思惑もなく

自然に行動してるとしか思えない(笑

 

 

そして、お腹が減ったらごはんを食べ

Coffeeやお酒が飲みたくなったら飲み

会話したくなったら誰かと会話し

高原で遊びたくなったら歩き出す

 

 

「・・・しなきゃ」

そういうものが介在しない時間をすごします

それはまるで自由人で瞑想に似てるかも

 

 

 

そうじゃない人もいます。

農場に来ても「・・・しなきゃ!」

呪縛にかかったまんまの人もいる

 

可哀想だけどそういう人は

農場のよさを感じることができないの

 

 

自分が童心にかえれるのか

試しに行くのもいいかもね。

 

 

 

私は農場にいると童心というより

オカンになってしまいます

 

でも「・・・しなきゃ!」ではなく

心はFree状態で好きなことしてるだけ

私は人の面倒みるのが好きらしい(笑

 

 

 

今回もなんとなくみんなで

草滑り競争を始めました。

 

途中、ソリが先を急いだお蔭で

私は自分の背中で草滑り

 

 

 

みなさんも自分の体と感覚で

いつか農場を体験して感想を聞かせて♡

 

 

私の感覚的な「体験する学び場」選択が

どうだったのかは、みんなの感想が答え。

 

 

 

 

かなり個人的なメッセージ(無視してください)

三枝くん! そろそろ新しい携帯番号を連絡してきなさいよ!

 

Instagram