大田麻美のBlog

5時間半の時間の旅

2021年04月12日

>>メンバーシップLABO参加はコチラから

 

 

 

 

久しぶりのBlog

PC・スマホと距離をおいた3日間

 

ゆっくり書いてみたいと思います。

 

 

 

 

農場への一番の旅時間は

5時間半の行きの電車移動でした

 

 

ゆるりと流れる時間の中に

いつもは見えないものが見え

いつもは感じない感覚が生まれ

 

心の在るところが全てに影響するものなのね

 

 

 

 

 

 

大阪から豊後竹田までの乗車券

国内で5時間半もの移動時間を

使った経験は記憶になかった

 

 

 

 

 

新幹線はがらぁ~ん

 

誰も私を邪魔しないと

約束してくれてるような空間が

仕事漬けのリズムを変えたみたい

 

 

 

乗り換え前後は緊張

乗車するホームへちゃんと着けるの?

ホームに着いても「ここで間違いない?」

「電車はホントにここに来てくれる??」

 

 

 

 

電車がホームに入ってくると

もう嬉しくて電車を撮る私は鉄道オタク♡

 

 

 

 

 

広がる田畑に

こういう景色を見たかったとばかりに

眼が喜んでるのがわかった

 

 

 

 

 

海に囲まれた日本では珍しくないのに

車窓から海が見えたときには

席を移動して撮影

 

なにも変らない海の景色に

ほっとしたのかも

 

 

 

 

 

ランチタイム移動の時

必ず新大阪で買う「だし巻き弁当」

 

自然の景色を見ながら遠足気分♡

 

 

 

 

 

2回目の不安な乗り換えも

乗り換え掲示板を見て一変

 

「ななつ星」 ...停車してるの?

 

ななつ星が出たとき父と乗りたくて

説明会へ参加して申し込みましたが

人気の高い倍率で叶わず

 

その後もどんどん上がる倍率に

いつしか私の中で夢の列車に

 

 

私が乗り換える反対側ホームに

すごい存在感で停車してた本物のななつ星

 

 

 

 

 

ミラーのように全ての景色を写し込んでしまう。

ゴージャスという言葉が似合う列車に

夢の列車に納得する私でした

 

 

 

ななつ星に映り込んでる

向かいのホームに停車する

2両編成の赤い普通電車で72分

 

 

新幹線→特急→各駅停車

走るスピードに合せて変る車窓の景色は

そこの生活リズムまで緩やかになっていく

 

 

 

 

 

映画に出てきそうな駅のホーム

まぶしい新緑に映えて絵になる風景

 

登場人物を設定してショートSTORY

つくりながら妄想を楽しんだ

 

 

 

 

 

あっという間の5時間半だったけど

この移動しないと経験できなかった

とっても上質な時間

 

この移動を提案したルン爺は凄いなぁ~

あえて時間を使うことを体験させたかったのかな

あえて体験させて私に気付かせたかったのかな

 

 

ルン爺の想い通りだったかはわからないけど

また新しいバリエーションの時間を知り

また一つ大人を味わったかな

 

 

 

同じ5時間半の時間も

電車が目に見える景色を変えてくれて

都会から里山へと少しずつ誘ってくれて

 

私のリズムも思考も感覚も

違和感なく少しずつ少しずつ...

今の私にちょうどいい変化だった

 

 

 

終着駅の改札手前で見えた

真っ黒な顔に満面の笑みで立ってるルン爺が

辿り着いたフィニッシュテープのようだった♡

 

 

 

Instagram