大田麻美のBlog

10年が必ずターニングポイント

2021年04月06日

>>メンバーシップLABO参加はコチラから

 

 

 

自分と向き合うなんて

昨日のBlogで書いたけど

ベッドに入った瞬間意識なかった(笑

 

 

 

このBlogで眠いだ大変だと

出来るだけ書かない方がいいのだけど

わかっていても…書くこと見当たらず

 

 

いろいろ心配や励ましの言葉をもらい

それが私のエネルギーになってて

 

Blogで大変さをアピールしてるみたいで

昨晩、シャワーしながら反省会。

 

 

すると今日!

Blogばかりが原因じゃないと発覚!

 

毎日のようにメンバーと

電話やZoomやメールのやりとりしてて

そこから伝わってくると指摘された(汗

 

 

そこは、いつも以上に笑顔努力してたのに~

というと… そうじゃないらしく

漂ってくるなにからしい(笑

 

 

 

 

大変な時って

その人の本質が見えると言います。

 

私もその昔は

自分の気分で生きていた時もあった

 

 

痛い経験、ツラい経験、大変な経験するごとに

その意味がだんだんと理解できるようになり

 

自分の本質の「質」を上げたい

そう思ったタイミングがあって

大変な時ほど無理矢理人に優しくするように

 

 

 

そこで気づいたこともあります。

人は同じ環境、同じ状況にならないと

誰かの痛みを共感理解することはできない

 

だから理解してもらおうとか

共感を求めるのは無駄なことだと自覚したら

 

誰かの言葉や気持ちの優しさが

ルーペのように何倍にも拡大され心に沁みた

 

 

誰かが大変そうな時は

言葉より行動の優しさを渡すように

心掛けるようになった

 

 

 

 

私のこれまでは

10年毎にターニングポイントがあって

10歳、20歳、30歳、40歳、50歳

 

10歳で母を亡くし

20歳で営業へ転身

30歳で海外に法人設立

40歳で個人事業へ転身

50歳でリタイアandはなきりん設立

 

見事な10年刻みに自分でも驚く

 

 

60歳には...

どんなターニングポイントが?

 

最期でないことを祈るけど

そうなってもいいの

 

 

私は日々、明日は命がないかもって思ってて

毎朝、生きてる自分に「おはよう」って声かけて

次に、「今日で終わりかもよ」と心で呟きます

 

 

やりたいと思ったらすぐ行動するのは

...このせい

 

 

なにの後悔もないよう日々整理してる感じ。

(そういう人間の方が長生きするらしいけど)

 

 

 

もし明日、自分の命がなくなったら

一つだけ後悔というか心残りは

父のこと

 

 

父にいつも言われるのは

親孝行なんてしてもらわなくて結構です。

あなたに出来る唯一の親孝行は

私より1秒でも後に死ぬことです

 

 

私の父らしい言葉です(笑

 

 

 

その父が、ここ2週間入院してたのですが

今週末退院できるらしく、妹と相談して

週末、私の家に泊まりに来ることに♡

 

 

入院中、

「病院のごはんは味がなくてね」

食べることが大好きな父にとっては大問題

 

父の好物をたっぷり用意します♡

桜の花が残っていてくれたら

お弁当持ってお花見かな

 

 

 

 

そして私は明日から3日間、農場へ。

都合の合うメンバーも一緒に

 

農場での私の担当は飯炊き

それ以外は自然に溶け込み寝ます!

 

 

BlogもInstagramも今週は

お休みさせていただくことにします。

 

デジタルand仕事デトックス ・・・+睡眠

自然に癒してもらってきます♡

 

 

来週月曜日からは、

体の芯からリフレッシュさせてGoします。

 

 

 

明日の農場行き、ルン爺の提案で

非日常の時間を体験した方がいいって

電車で新大阪~豊後竹田まで5時間半の移動

 

 

電車苦手を知ってるメンバーからは

「たどり着けるの?」 って言われ

 

大丈夫よ!

十何人も農場にいるんだから

辿りつかなかったら誰か迎えにきて!

...そう言っときました(笑

 

 

 

 

では、また来週更新しますね。

みなさんも楽しい一週間にしてくださいね。

 

 

 

Instagram