大田麻美のBlog

経験値に勝るものなし

2020年01月23日

 

今日はお休みをもらって

毎年恒例の香住蟹の宴へ

 

 

 

 

兵庫県の香住出身のお母さんが

毎日新鮮な蟹を仕入れて

生で提供してくれます

 

これが絶品で、

毎年、叔父夫婦にお願いして先行予約♡

 

 

 

みんなそうだと思うけど

蟹食べてる時は静かぁ~

 

 

今回も叔父夫婦友人達も一緒に14名

食べ終わると途端に騒がしくなる

 

 

 

 

 

 

最近、叔母にはお世話になってて...

お世話になってるのは⇩

 

 

動画はコチラから

 

 

しのぶさんが作成した

農場のこれまでが動画で綴られてます

 

私が知らなかった時間もあって

そうだったんだ… って

 

コツコツ積み重ねた時間は

どんなものも大切に変化させる魔法。

 

 

 

 

その童心回帰農場の

プレス担当が叔母♡

 

 

ずっと教育現場で仕事をして

定年後も行政の仕事したり

大学で仕事したり

 

教え子達の就職先の全国の教育現場へ

個人的に訪問してサポート&アドバイス

 

 

歩いてても電車に乗ってても

学生しか目に入らないようで

学生と見るや声をかけてしまう叔母

 

 

子どもが好きすぎるのです。

私の子どもの頃の記憶にも

叔母の家にはいつも大勢の生徒達

 

 

 

 

去年、私が1ヶ月農場滞在してた時、

叔母が農場へやってきたのです。

 

すると...

これは広めなきゃダメよ!

 

 

言ったと同時に動き出すところは

私も同じかもしれない笑えるところ

 

 

 

教育現場に携わった人の中には

子どもの育成が人生のミッションになる人は多く

 

いろんな教育現場をリタイアしても

社会教育には生涯携わるのだそう。

 

 

 

そのつながりは全国で

40年、50年、60年…と続く

 

 

 

去年から「体験する学び場」として

童心回帰農場と協働を始めて

 

ルン爺としのぶさんと会って

叔母なりに感じてくれたのか

 

5月1日のサロンOPENに合わせての

新しい農場の取り組みに一念発起!

 

 

九州各地の教育関係の方々やOBの方に

ロビー活動とも思えるPR活動を

始めてくれたのでした。

 

 

その影響力に私はビックリ!

『叔母は何者なのか?』

 

 

ここでみんさんに一つ。

利害のない想いほど怖いものはない

 

 

突っ走り方がハンパない

私がお尻を叩かれてます (><“)

 

 

 

叔母からすれば私は若輩者。

その通りで納得させられます

 

 

 

 

年配の人が時代遅れだとか言うけれど

私はそうは思いません。

 

行動しないで過去の実績ばかり語る

大人はどうかと思ったりするけど

 

 

 

実際に行動している大先輩を見ると

経験値に圧倒させられます。

 

 

 

 

はなきりん立ち上げてから

極端に公私のボーダーがなくなり

叔母まで協力してくれてることに

ちょっと戸惑いもありますが

 

人の温かさに心を温めてもらってます♡

 

 

 

 

 

とはいえ...

叔母の暴走は普通じゃないので

その性格も知ってるだけに怖い

 

私の言葉なんて通用するわけもなく

言葉として届くこともないのだから...

 

 

 

 

 

 

叔母の顔出し許可とってなから

うっすらイメージだけ...

 

 

 

 

ここは、行動で示すしかないね!

 

 

 

 

 

 

そんな叔母の隣にいる叔父こだわり

滋賀県名物の赤コンニャク

 

牛肉と一緒にコトコト煮ながら

想いに耽ってました

 

 

 

 

 

 

Instagram