大田麻美のBlog

クローゼット整理とAI

2018年12月09日

 

 

いつもより数ヶ月遅い

クローゼットの整理をしながら

 

 

映画「her」

 

 

デジタルが生活の中に今より溶け込んでいて

それを創りあげた私たち人間が戸惑う

…なんか想像できるな〜

映画の中に出でくるサマンサは

人工知能を備えたOS

AIがパソコンやスマホの中のデータを整理

過去の操作履歴で私という人間を瞬時に分析して

必要なものと不要なものを選び出し

大量に溜め込んだデータを掃除してくれ

私たちにアドバイスまでしてくれる

どんなに巧みに言葉を並べても

息づかいや少し漏れる溜息、言葉の間に

AIは私たちの感情を読みとり

私たちが受け入れる楽しみ方を

最適な方法で提案してくれる

膨大な人の情報を蓄積して分析するうちに

人工知能も感情がなにかを知る時がくる

人と人工知能の違いは

肉体という物質的なものだけになってしまう

そんな未来が見える映画

最適な答えを求めることより

自分の答えを探すプロセスの方に

人の感情は溢れ楽しみがあるようにも…

クローゼットの整理をしながら

AIが分析して最適な片付け法を

アドバイスしてくれないかしらと思ったけど

このダウンはいつどんな理由で買ったのか

思い出してたらなつかしい映像が浮かんできたり

ちっとも着てないセーターを置いてる

理由を自分に言い訳しながら引き出しにしまう

よく着るドレスを見ながら

一番似合うパンプスとコートをコーデしていたり

買ってもらったスカートを着て

出かけたシーンや会話を懐かしんでみたり

チェストの隙間がなくなる完璧な配置や

選びやすいグラデーション配置を考えてみたり

一見、無駄に思えるこんな時間が

時間の余裕を感じさせてくれる

リラグゼーションだと気づく

さぁ...クローゼット整理に

後何時間かかるんだろ

タイムラグのある年賀状も書きたいし

来年計画してる旅行の滞在先も探したいのに

Instagram