はなきりん

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 消費者と建築屋は常にすれ違い

消費者と建築屋は常にすれ違い

住宅建築アドバイザー 池田歩

消費者と建築屋は常にすれ違い

池田です。
私は現役の工務店経営者です。

工務店経営者ですから、お客様からお仕事(新築、建替え、リフォーム等)を
頂いて、工事をするのが、仕事です。

【はなきりん】での仕事は、やはり住宅を計画されている消費者さんに無料の
アドバイスです。

同じことをしているようですが、中身は全く違います。
前者は会社として利益を得るための作業です。

後者は、消費者さんにとって、最良と思える住宅が選べるように
アドバイスをするのが、目的なので、工務店の仕事のように消費者さん
に気に入って頂き工事を受注すると言う目的では無いので、
同じ作業をしても、目的が全く違うので、その結果も当然違います。

【はなきりん】で行う無料のアドバイスを数多く経験することにより
気が付いた事があります。

それは・・・・・

① 消費者の知りたい 住宅の価格と建築業者が伝える価格の違い
② 消費者のスタイルに合った住宅と建築業者の勧める住宅
③ 消費者が使っても良い住宅価格と建築業者が試算する住宅価格

大きく3つに分けましたが、実際にはこれだけではありません。
この3つは、立場を変えればどちらの考え方も間違いではないと
思います。

工務店経営者としての立場から見ると、建築業者の対応の何が悪いのか?
と考えてしまいます。しかし、消費者の立場になって考えてみると
当たり前と思っているものの基準が全く違うってことに気づきます。

このミスマッチは永遠に変わることは、無いと思います。
ですが、もしこの【消費者と建築業者】の求めている答えが一致する
事が出来れば、素晴らしい事と思いませんか?