はなきりん

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 美味しいレストランは元チャップリンのオフィス

美味しいレストランは元チャップリンのオフィス

食事不動産・ビジネスコンサルタント 西川ノーマン裕子

美味しいレストランは元チャップリンのオフィス

こんにちは。ロサンゼルスの西川ノーマン裕子です。

以前からずっと行きたかったレストランについに行ってきました。

ラブレア通りにある「Republique」。フランス語だと「リピュブリーク」という発音のようですが、英語だと「リパブリク」って呼んでしまう。共和国という意味ですね。

ここは「フレンチ・キュイジーヌ」のお店ですが、オーナーシェフは妻のマージと夫のウォルターの夫婦。二人はロスの様々な名だたる人気店でシェフをした後に独立し、このお店は2013年にオープンして以来、かなりの人気店になっています。この日も11時すぎに行ったので座れましたが、もう少し遅かったら長蛇の列でした。

フィリピン人のマージは、アジア系のテイストを織り混ぜた独特のレシピが特徴で、パティシエの経験も豊富。店内には焼きたてのオリジナルのペイストリーも並んでいます。

ここのビルはまた特別な場所で、元々は、かのチャーリー・チャップリンが持っていたビルなのです。1900年代の雰囲気が残った店内はそれはそれはおしゃれでした。

最近ロスでは、こういった古いところをリノベーションしてるお店が流行っています。

ランチメニューで美味しいと評判のキムチ・チャーハンを頼みました。アメリカ人にもウケそうなほど良い味付けで、かなーり美味しかったです。ご飯ものがこのようにアレンジされてるのはここならでは。昔、アメリカの食事は美味しくないと言われていた時代もありましたが、こういうところに来ると、レベルが高いなぁと思います。

最近は、家とオフィスと不動産の仕事の現場を往復するだけの日が続いていましたが、時には今ホットなスポットに行くのも楽しくていいものですね。

 

Hiroko Nishikawa Naumann
西川ノーマン裕子( Hiroko Nishikawa Naumann)
住宅関連情報誌の編集長を経て、現在はロサンゼルスで不動産エージェントとして住宅の売買・賃貸の仲介を行う。アメリカ国内だけでなく日本を含めた海外のお客様へも、幅広いリクエストに女性目線のきめ細かな提案を行いながら活躍中。
西川ノーマン裕子Business Official site