はなきりん

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 40代のダイエット 3ヶ月で-8kg

40代のダイエット 3ヶ月で-8kg

美容ホームライフクリエイター 大田麻美

40代のダイエット 3ヶ月で-8kg

タイトルを見ると、どこかのダイエット食品販売のようですが違いますよ。前回、セラピスト中村さんが書かれた「お米を食べてダイエット」の続編を、教えられたことを私が実際にやった内容と感想を書いてみたいと思います。

だいたい女性の場合、何もしていないと30代半ばで代謝が落ち中年太り~なんてビックリする事態が起こります。その後、順調に平均体重が毎年コンスタントに0.5~1kgくらいずつ増えていきます。ご多分に漏れず私もその一人。私の場合、大きいなハンディがありBlogをご覧の方はご存知かと思いますが大田家は大食い一家なのです。そして中年太りになるまで有難いことに食べても太らないという体質だったもので10年… 確実に安定的に体重は増えていきました。

もちろん何もしなかったわけではありません。ダイエットや減量は試みました。後になれば間違いだらけだと知りましが苦行でした。代謝をあげるため週3回の無酸素運動(筋トレ)、エネルギー消費するための有酸素運動(ジョギング)、食べない減量、糖質ダイエット、カロリーダイエットetc… 一時的に減っても簡単に戻りました。当時から、中村さんには「大田さんの健康体重は-3kgよ。」そう言われていましたが減らないもの仕方ないと半ば諦めモードでした。

4年前、CMじゃないけど、朝起きると体がダル重ぉ~、顔はパンパン、疲れやすく関節が痛い時もあり私の体は悲鳴をあげていました。そんな時、スタイリストの真理さんと中村さんに同時に厳しいことを言われたのでした。

真理さん「服のサイズがワンサイズ上がったら、私はもう担当しない。」
中村さん「あなたの体は、もうそんなに多くの栄養を必要としていないの。誰が一日3食なんて決めたのかしら?」

ウヒョーッ‼ なんて単刀直入な厳しい意見なのでしょうと思ったけれど、当時の私のお腹にストン!と落ちる言葉でダメな私も一念発起。中村さんの記事にも書いてある通り、必要なものを摂り入れ、不必要なものを摂り除くという基本的なダイエットの意味を教えてもらいチャレンジしました。

 

ここからは、実際に私がやった内容です…
まず3日間水分以外は摂らずに胃を休め食欲を適正に戻し、翌日からは1日2食生活。毎日、食べない1食のタイミングを変えます。(今日、夜抜いたら明日は夜食べるみたいに)牛乳は豆乳に。白米は玄米に変えました。パンはハード系かベーグル。よく噛み時間をかけて食べる。そして一日の水分摂取量を増やす。夜食事の時は糖質は避けお肉と野菜をお腹いっぱい食べました。食べ過ぎたと思うと、翌日は食べる量を調整します。食べ物・食べる量・排泄条件・環境を感覚的に理解するため一日に何回も体重計に乗ります。

最初の1~2週間は嬉しい体重降下するんですが、そこから停滞期…体が抵抗してるというか、迷ってる時期というか、困惑してるというか… そんな時期が半月と少し続きましたが、中村さんのアドバイスもあり、そんな体を完全無視しながら淡々といつも通りの食事を続けました。

すると不思議。。。自分の体がどんな栄養を欲しがっているのか、摂取カロリーが感覚で分かるようになって、体重増減の理由も分かるようになり、以前のような食欲はなくなり適量食べると満腹になります。すると、私の体が諦めたのか体重がまた下降し始めました。体重が1kg落ちていくたびに、体調はみるみるよくなりフットワークも軽~く、なによりオシャレが楽しくなります。3ヶ月経つと8kg減!

ちょっと調子に乗り過ぎた感はありましたが、そこも中村さんの「これ以上はダメ!今の体重が最低にして+1kg~2kgをキープ!」この一言で、1日3食に戻しました。4年の間に一度、ヤバイと思ったことがありましたが、今では完璧にコントロールできるようになりました。夜一食を暴飲暴食しても翌日調整すれば戻るように。しか~し! 2日連続暴飲暴食すると戻すのに1週間かかります。それがイヤなので2日連続暴飲暴食は出来るだけやらなくなりました。

お米・野菜・お肉・魚・フルーツ・出汁・パン・バター・ハチミツ・ひじき・大豆などをパクパク食べます。朝だから、昼だから、夜だからと言って食べる事はなくなり、今はお腹が減ったら食べる生活になりました。最近は、あれだけ苦手だったスイーツも和菓子中心に好きになり食べるようになりました。そんな時、食欲を忘れさせてくれる集中できる仕事は助かります。

後、私の体に必要なのは適度な運動。
ハードな運動じゃなく、ストレッチや歩くというもの。特に歩く量は増やさないとダメだと体が感じています。朝のストレッチは体が喜びます。全身に水分と血液とリンパが流れて浸みわたっていくような感覚があります。昔は、自分の体とぜんぜん向き合おうとしなかったので、体の声がまったく聞こえませんでしたが、今はうるさいくらい聞こえます。どれくらいがムリなのかも加減がわかるようになったので、疲れが出やすくなりました。でも疲れやすくなったのではなく、疲れを敏感に感じられるようになったんだと思います。

そんな時期に、ちょうと仕事のターニングポイントがあり上手く生活をコントロールできています。たまたまだったのか、私の体がそうさせたのか分からないけど、今の私は体が私の仕事のターニングポイントをつくってくれたと思ってます。

いい睡眠をして。
いい食事をして。
いい排泄をする。

 

今日は体のダイエットについて書いてみましたが、機会があれば心のダイエットについても書いてみたいと思います。みなさんも是非チャレンジしてみてくださいね。