はなきりん

  1. ホーム
  2. はなきりんとは

はなきりんの理念

「日本で自立して暮らしていくための、参加型コミュニティの創造」を理念に、誰にでもできる方法や考えを全国各地域の参加型コミュニティを通して伝え広げることがはなきりんの活動ミッションです。

代表理事:大田麻美

このミッションを支えてくれるのが全国の応援協力会員です。
各地域の会員チームを「はなきりん隊」と呼びます。

一般社団法人暮らし振興支援機構が運営する「はなきりん」は、実在するお花の名前。
花言葉は...”自立”

イキイキと自分で立つ。
キラキラと人生を歩く。

そんな自分や人生を望む人たちを集めサポートするのが「はなきりん」の活動です。だから、一人でも多くの人に JOINしてほしい。

設立のきっかけ

その16万組以上の相談者から教えてもらったことが全ての始まりでした。

建築業界で起業した時、はじめて建築途中の住宅を見て、まるで割り箸を簡単に組み立ててるようで疑問を感じました。

その後、建築の専門知識や業界を知れば知るほど疑問だらけになり、
日本の住宅寿命が人の寿命よりも短い30年という現実を前に、原因が何なのかを調べ始めました。

それはとても簡単なことでした。
原因が分かると次に 「なぜ長持ちする住宅が建てられるのに建てないの?」という疑問が浮かび、 建築会社へのコンサルティングや実際に住宅を建築する消費者のリサーチを始めました。

すると...
長持ちする住宅が建たない原因は、建築会社だけでなく購入する消費者側にもあることが分かったのでした。

その2住宅って何?…

すぐに全国で「長持ちする住宅の建て方」を消費者に伝えたく講演してまわりました。

セミナーに参加される方からの建築の専門知識に対するご質問やご相談があり、
「無料住宅相談窓口」を開設しました。

すると…
相談内容は、専門的なことよりも住宅を通して抱える問題や悩み、迷い、不安といった、人生相談が8割を占めていました。

「住宅=建築」ではなく「住宅=暮らすスペース」だと知り、暮らしを通して人は様々な問題や不安等を抱えていることをみなさんから教えてもらったのでした。

その3幸せになる方法…

相談される様々な内容を改善するために必要な、考え、知識、計画が私の中できちんと整理されてゆき、それが誰にでもできる簡単なことなのに、誰も教えてくれない社会であり、現実であることをしりました。

6万組以上の相談対応をする頃には、講演で話す内容は住宅よりも、幸せになる方法についての話が多くなり、お金のこと、親子や家族について、考え方、生き方...を話すようになり、講演時間は4時間半にもなってました。

その4JOIN…

講演や相談対応を16年続け、体力的にも経済的にも一人でできることに限界があることを感じていました。

相談の後の「ありがとうの言葉」や「元気な声」と一緒に耳にする「私に何かできることがあれば」… この言葉から浮かんだのが「JOIN」

参加する、つながる、協力し合う、共有する、助け合う、合流する、教え合う、付き合う、接する・・・「JOIN」

人には必ず長所があって、その長所は必ず誰かのために役立つものです。
そのことにきづいてない人も、どこで役立てていいか分からない人だっています。

なら、みんなで創ればいい!
「JOIN」という言葉から、一般社団法人暮らし振興支援機構「はなきりん」が誕生しました。

「JOIN」詳しくはコチラ

活動内容

今より笑って楽しく暮らすための「幸せレシピ」を参加型コミュニティを通して
発信するはなきりんでは様々な取り組みを行っています。

[運営と活動を通じて発信](仮想 > サイト運営)と(リアル > イベント活動) ・無料住宅相談窓口運営 ・セミナー・イベント企画運営 ・お金の学校運営 ・地域コミュニティ振興支援 ・見守り事業運営

日本が抱えるさまざまな社会問題にフォーカスしながら「仮想」と「リアル」で人のつながり&コミュニティを創造し、現在人が抱える問題の改善、将来想定できる問題を未然に防ぎ、団体の理念・目的に沿った運営と活動を行います。

  • 全国の応援協力会員と各地域企業、団体、自治体、教育機関等と協働しながら組織づくりを行います。
  • 暮らすスペース=住宅(賃貸~老人施設)を通して抱える相談に、電話やメールでの無料対応を行います。
  • 当団体が持つ各種住宅計画づくりのお手伝いや各種住宅診断を提供します。
  • 国が進める金融経済教育をより分かり易く活用できるよう「お金の学校」を運営します。
  • 所有する住宅の適正維持管理から相続に至るまでの見守り事業を運営します。
  • 女性の社会復帰し易い環境づくりへの情報提供や支援活動を行います。
  • 子育て世代がよりよいライフスタイルの創造ができる情報提供と活動を行います。
  • 子供が自立的に社会で生きていけるよう各種教育プログラムや就職活動準備プログラムの提供を行います。
  • 長く住み続けられる住宅の建築・リフォーム可能な地域の工務店、職人の育成や活性化に寄与します。